Posted – 3月 31st, 2017
under バウムな毎日
IMG_9990 
– go to post

 

こんにちは!インターンのLucyです。

みなさん前回のこちらの記事、ご覧になっていただけましたでしょうか?

森トップ.001 森暮らしのサチエッティ

 

と・い・う・こ・と・で、

今日は3月23日に行われた「BAR UM」の第4回目の様子をお届けします。

 

 

 

森.001
IMG_0069
まるで、お笑いコンビのようなリズミカルなトークで登場された今回のゲスト。more Treesの水谷信吉さんと株式会社クイージの石崎英治さんを囲んで、「都会で森と暮らす」をテーマに語りあいます。

 

一体、現在の日本の森ではどんなことが起こっているのでしょうか。

.

.

.

「日本の森を守る」を探る
IMG_0047
木を植えることが必ずしも日本の森を守ることにつながるとは言えません。

木を切る・・こと、適度に間引いていくことも必要です。

では、切った木はどうしましょうか?

もちろん、そのまま処分するよりかは使った方がいい。

さて、どんな風に使いましょうか。

そんな挑戦をmore Treesで行っている水谷さん。

 

IMG_0151
シカやイノシシのお肉を食べることも、森を守る方法のひとつ。

「守る」と聞くと、森の生き物を保護するイメージがあるかもしれません。

けれども少し視点を変えてみると、森の木や畑を荒らして迷惑がられてしまう野生動物を捕獲して、美味しく料理していただくということもできるのです。

そんな挑戦を株式会社クイージで行っている石崎さん。

 

IMG_0146
おふたりの自己紹介から気になるワードが飛び出し、興味深々のみなさん。

 

 

 

後半は、美味しくお肉をいただきながら。

IMG_9985
「イノシシ肉のスパイス煮込み」をいただきながら、森のお話は弾んでいきます。

IMG_0108
日本の食卓では、まだまだ馴染みのないイノシシのお肉。

珍しさゆえに、思わずパッケージを眺めたくなります。(ちなみに、こちらのパッケージデザインはバウムがお手伝いさせていただいています♪)

 

IMG_0159
美味しそう〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

 

「森」をキーワードにつながっていく
IMG_0165IMG_0190
森で活動をしている人、趣味で森に関心のある人、最近森が気になり始めている人、などなど森を共通点にさまざまな方が集まった今回のBAR UM。

気づけば、参加者の皆さんが自然と気づいたことや疑問を言葉にしたり、情報を共有しあったり..!

イベントの終盤には、まるでアーバン森暮らしクラスがすでに始まっているかのような空気感が生まれていました。

IMG_0167
都会で暮らしていると、なかなか触れることのない森のお話

けれども、今夜はそんな森を少し身近に感じられるようなひとときでした。

さてさて、みなさんはどんな風に日本の森を守っていきますか?

 

 

《今夜のゲストマスター情報》

more Trees事務局長:水谷信吉さん

もっと森の世界を学んでみたいという方は こちら

株式会社クイージ代表取締役:石崎英治さん


来月も、「BAR UM」開催します!詳細は近日公開

次回は、どんなゲストマスターのお話が聞けるのでしょうか。

仕事帰りに、学校帰りに、ちょっとお散歩のついでに..!

いつもとはひと味ちがう夜のひとときを、BAR UMで過ごしませんか?

お酒を片手にゆったりとお話しましょう。ご来店お待ちしております。

 


Posted – 3月 22nd, 2017
under バウムな毎日
森暮らしの.001 
– go to post

 

ある日のバウム。

.

.

DSC03160

DSC03199「なんだか、さちえさんの様子がおかしい..」

DSC03162DSC03163森2.007

DSC03199「ん?PCを見ながら呪文のように何かをつぶやいてる。これはもしかして、見てはいけないところを見てしまったのかも..」

.

.

DSC03204「いや〜、でもここは勇気をだして聞いてみよう。さちえさん、さっきから何を見てるんですか?」

森2.006

DSC03193「なるほどー!納得ー!

DSC03199ってならない。ますます謎が深まってしまった..」

.

.

DSC03184「あのさ、Lucy ちゃん、日本の森って減ってると思う?」

DSC03200「え!いきなりなんですか。(やっぱり今日のさちえさんなんだか変..)ん〜よく植林とかやってるし、減ってるんじゃないですかね..」

DSC03185「甘い」

DSC03201「え?」

DSC03184「あのね、Lucy ちゃん、今、日本の森はね、約2500万haあって国土面積に占める森林面積は約66%にも及ぶの。だけど木材自給率は、、、$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~$%&!@*?#$%&!@*?#$%$%&!@*?#$%&!@*?#$%~~~なのよ。」

DSC03206「さ、さちえさん、喋るスピードいつもの倍ぐらいになってるぅ〜〜〜〜〜..!」

DSC03187「いや〜、実は私も1年前はLucyちゃんと同じこと言ってたんだよね。このことを知ったのは、丸の内朝大学のアーバン森暮らしクラスを受けたからなの。フィールドワークで高知に行って、現地の方のお家に泊まりながら色んなお話を聞かせてもらったりして」

DSC03199「アーバン森暮らしクラス、気になる..!」

DSC03188「あ!今年も開講するよ!ちなみに今年は熊本にいくよ〜!それで、もっと色んな人にこのクラスのことを知ってもらいたいな〜と思ってるんだけど..」

DSC03193「あ、それならBAR UMでしません?」

DSC03185「Lucyちゃん、それいいね〜!」

DSC03220「わーい!」

 

 

ということで、今月は特別に月に2回、BAR UMを開催することになりました。

お酒を片手にゆったりと森のお話をしましょう。さちえさんと、私Lucyもご来場お待ちしております。

森

 

【3/23開催!】BAR UM「都会で森と暮らす」

日 時:2017年3月23日(木)19:00 OPEN
参加費:¥1000(1ドリンク+おつまみ込み)
場 所:BAUM SAMMYAC(東京都渋谷区神宮前3-7-1 マリオンビル4F)

タイムスケジュール:
19:00- OPEN
21:30- LAST ORDER
22:00- CLOSE

詳しくは https://www.facebook.com/events/351312311931241

【4月27日より開講】丸の内朝大学 アーバン森暮らしクラス 阿蘇・熊本編

今年も、モア・トゥリーズさんと「都市部でも森との共生を取り入れる“アーバン森暮らし”を目指し、森について楽しく学ぶクラス」を開講します。

申込み受付は、3/23(木)12:30よりスタート!

詳しくは https://asadaigaku.jp/archives/asadai_kouza/urbanmori


IMG_0299 
– go to post

 

” 都会で過ごしていると、時々ふと自然が恋しくなる

いつもと違う何かをもとめて ゆらりといつもと違う場所へ “

.

.

.

 

こんにちは!インターンのLucyです。

今日は、そんな自然でのひとときを感じられる島のお話?

 

で・は・な・く、“島に行く前のまち”のお話をします!

 

 

みなさん、新島はご存じでしょうか?この島は、都内の竹芝駅から高速船で2時間半でいくことができます。

 

実は今、新島を含むこの竹芝地区では、今後の開発計画に向けて、エリアの新たな価値を考えていく動きが始まっているようです。

 

それに先駆けて、先日3月9日に行われた、『夢になるといけねぇNight』の様子をのぞいてみましょう。

 

170309_slide
今回のトークイベントでは、SPEAC/東京R不動産の林 厚見さん、WATの石渡 康嗣さん、そしてバウムからは宇田川さんがゲストスピーカーとして、竹芝地区や離島のこれからについてトークセッションを行いました。
 

IMG_0045 IMG_0067IMG_0085
人の流れが変わり、まちが変わっていくお店づくり、自然を活用したデンマークとポートランドの水辺のまちづくり、人が素に戻れるような、島ならではの価値を活かした空間づくりなど・・・

 

気になるお話がたくさん聞こえてきました!

ここで、ちょこっと休憩タイム。

IMG_9999
ポートランドのビールとハードサイダー

IMG_0161
Coffee Wrightsさんのコーヒー

IMG_9982
ampereさんのサンドイッチを楽しみ、後半のトークへ。

 

 

楽しいことを見つけて広げていく!IMG_0299
都心から島にいく流れ。
この流れをどう創っていこうか。どんな人の流れを創っていこうか。

新島という素敵な島に向かう場所だから、もっと「これから島に行くぞ!」というワクワク感がほしい..!

 

IMG_0228
こちらは、コペンハーゲンでの一枚。
外でお酒を飲みながらお風呂に入るこの光景は、やってる人たちも見ている人たちも、なんだかほっこりと楽しい気持ちになる。

 

 

まちを遊び倒す流れをつくろう !IMG_0291IMG_0359

これからどんな人たちがどんなアクションを起こして、この街のワクワクをつくっていくのでしょうか。

あなたなら、この街の空間を使って、どんな風に遊びますか?

 


IMG_0691 
– go to post

 

こんにちは!インターンのLucyです。

先日3月10日に、バウムの月イチBARイベント「BAR UM」の第3回目を開催しました。

 

 

今回のテーマは「北欧の話 デンマークとアイスランド篇」

IMG_0691

2月にインターネット上で話題になった”人口減社会”、”社会民主主義”の国での暮らしとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

北海道とほぼ同じ人口(550万人)の国・デンマーク、中野区と同じくらいの人口(31万人)の国アイスランド。

 

今夜は「小さな国で暮らし、働く感覚」について、デンマークとアイスランドからのゲスト、写真家の滝川一真さんと、パートナーのシグランさんを囲んで語りあいます。

IMG_0638

前半は、参加者の方からの疑問から始まり、政治・フェミニズム・個性の表現・対話する習慣・エネルギーなど、さまざまな視点からデンマークとアイスランドのお話をお二人からお聞きしました。

 

そして、後半は…!

.

.

 

デンマークと生中継!コペンハーゲンの日常にせまる

IMG_0783IMG_0811

デンマークのコミュニティプレイスAbsalonとつないで、コペンハーゲン在住のエンジニアのマッキーさんと建築家の加藤さんにお話を伺っていきます。

 

IMG_0805IMG_0816

色鮮やかなデザインの秘密・外食・モバイルペイ・育児・教育・就職事情など、リアルタイムでデンマークとつながりながら、お話が弾んでいきます。

 

そして、今日はなんと..!まだまだ続きます!

.

.

IMG_0869

街に出かけて、現地の人に突撃インタビューをしてみたり、ヒッピーが自由を求めて住みついた自治区クリスチャニアを探検してみたり..!!!

 

 

まるで、自分たちが今、デンマークにいるかのような3時間でした。

 

 

 

幸せって、何だろう?
IMG_0675

日本と比べると、あらゆることが異なるデンマークとアイスランドのお話。

 

暮らすって?

働くって?

幸せって?

今夜はそんなことを改めて考える時間だったのかもしれません。

 

忙しい日々を送っていると、”自分にとって、幸せって何だろう?” なんてことを考える人は少ないかと思います。

 

たまには、ふと立ち止まって、考えてみたり、語り合うような時間をつくってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

【バウムからのお知らせ!】

今月の「BAR UM」は、なんと2回開催します。

次回3月23日(木)のテーマは「都会で森と暮らす」

ゲストマスターは、国内外の森林整備を行うmore treesの水谷伸吉さんと、ジビエの消費を通じた環境保全を行う株式会社クイージ/伝統肉協会の石崎英治さんです。詳細はこちら

仕事帰りに、学校帰りに、ちょっとお散歩のついでに..!

いつもとはひと味ちがう夜のひとときを、BAR UMで過ごしませんか?

お酒を片手にゆったりとお話しましょう。ご来店お待ちしております。


fxCYm 
– go to post

こんにちは!インターンのLucyです。

先月からスタートした、バウムの月イチBARイベント「BAR UM」

先日2月16日に第2回目を開催しました。

 

今回のテーマは「サスティナブルな漁業」
IMG_9822
かつては、世界に誇る大水産国として名高かった日本。

しかし、今、日本近海では、魚がどんどん減っているのです。このままだと美味しい魚が食べられなくなる日が来るかもしれない..という状態。

そんな日本の漁業の危機を知り、「日本の未来に魚を残したい」と動き出した、今夜のゲストマスター堀田幸作さん。

堀田さんは、tasobiの代表を務め、旅と遊びをとおして食材の作り手と、食べ手を繋ぐ仕事をなさっています。ある時は築地に出入りする魚屋。またある時は「もの凄い鯖」なる干物を販売し、様々なレストランとメニューを開発。またある時はサスティナブルな漁業雑誌「イサリビ 〜未来も魚を食べるぞ通信〜」を創刊するという、一体何者なのか、とても気になる人物です。

IMG_9915
さっそく、楽しそうな笑い声と、鯖の香ばしい香りがしてきました。

未来の日本の食卓でも、美味しい魚が楽しめるように、そのヒントを探るべく、 堀田さんのお話をきいてみましょう。

 

はじまりは、F to F ?
IMG_9814
B to Bではなく、F to F。「Friend to Friendの関係になってから、流通してるんですよ」

堀田さんは、Business to Businessという言葉がしっくりこなかったと言います。

「もの凄い鯖」の始まりも、茨城県の干物職人さんがつくる干物が、あまりにも美味しくて衝撃を受けたことからだと言います。「この干物をもっと色んな人に知ってもらいたい」という純粋な熱い想いと、「幸作さん一緒に何かやろうよ」という職人さんのひと言が原動力となり、誕生したのです。

 

水産業が好調なノルウェーで、今、何が起きているのか?
IMG_9921
実は、「もの凄い鯖」の鯖は、ノルウェー産です。どうして日本産ではないのでしょうか。それは、現在の日本では、やせ細った小さな鯖しか獲れなくなってしまっているという厳しい状況が関係しています。

堀田さんが出会った、茨城県の干物職人さんは、20年ほど前から日本の鯖が獲れなくなったことで廃業の危機に陥り、ノルウェー産の鯖を使い始めることになったと言います。最初は、遠くから運ばれてきたものなんて美味しいはずがないと思っていました。しかし、実際に確かめてみると、脂の乗りがよく、毎年安定して同じ品質の鯖を使い続けることができると分かったのです。それを機に、45年続く手作り無添加の干物屋の特製つけ汁と、ノルウェー産の鯖で干物をつくるように。

では、なぜ、ノルウェー産の鯖は、そんなにも美味しいのでしょうか。

IMG_9975
実は、鯖の脂が1番乗っている高く売れる時期に限定して漁獲する仕組みづくりを、国の政策として行っています。しかも、漁師さんだけでなく、第3者である科学者による調査を交えて。詳しくは、「イサリビ 〜未来も魚を食べるぞ通信〜」で。

 

未来の日本でも美味しい鯖を食べられるように ”対話する空気感を”
IMG_9766
IMG_9956
堀田さんのお話のあとも、「もの凄い鯖」を頂きながら、話が弾んでいました。

「農業関係の仕事に就いていて」「居酒屋で、日本の魚が食べられなくなるというのを少し前に聞いて」「食べる通信が好きで」「漁港の町おこしをしていて」など、多様なバックグラウンドや参加動機でお集まりいただいた今夜の参加者のみなさん。

それぞれが抱いている疑問や問題意識を言葉にして、コミュニケーションの輪を広げていっていました。

議論ではなく、対話。まずは関わるすべての人たちが自分ごととして向き合い、今起きていることを考え、周りの人たちと対話を重ねていく。

今回のお話を聞いて、情報があふれている今の時代だからこそ、 「イサリビ 〜未来も魚を食べるぞ通信〜」のような、何かを考えるきっかけの場が求められているように感じました。解決方法を提示するのでなく、何気ない毎日に隠れている問題を提起をするような、ハッと気づかせてくれるような存在。もしかすると、この対話できる空気感が広がることが、日本の未来を豊かにするのかもしれません。

 

 

“美味しい魚が食卓に並ぶ幸せ”が、これからも続いていくように、今日からみなさんはどんなアクションを起こしていきますか?

 

 

 

《今夜のゲストマスター情報》

tasobi代表:堀田幸作さん

「イサリビ 〜未来も魚を食べるぞ通信〜」
現在、第2号を準備中。


来月も、「BAR UM」開催します!詳細は近日公開

次回は、どんなゲストマスターのお話が聞けるのでしょうか。

仕事帰りに、学校帰りに、ちょっとお散歩のついでに..!

いつもとはひと味ちがう夜のひとときを、BAR UMで過ごしませんか?

お酒を片手にゆったりとお話しましょう。ご来店お待ちしております。

 

 


IMG_9407 
– go to post

 

こんにちは!インターンのLucyです。

新年を迎え、バウムでは、月イチで開催する新しいイベントを始めました。

 

その名も、『BAR UM』
IMG_9249
コンセプトは、飲み会とトークイベントの中間。

毎回ゲストマスターをお招きして、お酒を飲みながらゆったりとしつつ、普段はなかなか聞くことのできないお話を楽しみます。

IMG_9369
それでは、さっそく1月19日に開催された第1回目の様子をのぞいてみましょう。

 

今回のテーマは、「近郊移住とお店づくり」
16251294_1223355887740101_2061599498_o
ゲストマスターは、埼玉県越生町(おごせまち)にUターンをして、『オクムサ・マルシェ』というカフェを営んでいる浅見アツシさん・ヨウコさんご夫婦。

IMG_9269
お土産に『越生梅林純米吟醸55』という越生町の日本酒をいただき、ゆるりとお話が始まりました。

IMG_9342

スクリーンショット 2017-01-25 14.39.16
もともとは都内の会社で働いていたお二人。アツシさんはデザインのお仕事、ヨウコさんはバウムで総務のアシスタントをしていました。

結婚を機にアツシさんの故郷である越生町への移住を考えはじめ、二拠点生活へ。

なんと、はじめに動き出したのはヨウコさんの方だったそうです!2014年から平日はバウム、週末は越生町で仲間たちとDIYでお店づくりを始め、カフェをオープン。

スクリーンショット 2017-01-25 14.39.32スクリーンショット 2017-01-25 14.40.27
2016年からは越生町に移住し、アツシさんもカフェの運営に携わり、地域のお店や農家さんとの関係をつくりながら、ギャラリー展示、イベント開催など、カフェ営業から発展させていきます。

本格的に移住をしたことで、二拠点生活のときに比べて、越生町の人とのつながりも広がり、取り組めることも膨らんでいったようです。今では越生町に限らず、奥武蔵エリアに訪れるの人々の拠点になりつつあるという、あたたかい空間です。

 

暮らしの選択肢に、二拠点生活を。
IMG_9407
IMG_9415
IMG_9444
お二人のトークのあとは、都市近郊への移住・二拠点生活・お店づくりに興味のある皆さんと共に、たこ焼き片手に話が弾みました。

IMG_9442

二拠点生活から、だんだんと暮らしを変えて、移住へ。

いきなり都会から離れた生活に変えるのは不安もあるなと思っていたような人にとっても、今夜のお話は、新しい道が開けたのではないでしょうか。自分が求めている暮らしへと徐々に近づけてゆく。

もしかしたら、二拠点生活のままが合う人もいるかもしれません。
始めてみないとわからない。まさに、暮らしの冒険のはじまりですね。

 

同じようなビルが並ぶ景色より、まちの個性が楽しめるような小さなお店が並ぶところにワクワク..!そんなひとときを求めて旅をするのが好きな私も、今夜のお話で、いつの間にか「二拠点生活」に興味を抱き始めているうちのひとりになっていました。

 

=================================================
《今回のゲストマスター情報》

オクムサ・マルシェの浅見アツシさん・ヨウコさんご夫婦

お店は、埼玉県奥武蔵エリアの越生町にあります。
1階|薬膳ごはん&喫茶 2階|奥武蔵の工芸品&貸しスペース

————————————————————————————

さて、次回はどんなゲストマスターのお話が聞けるのでしょうか。

第2回目のBAR UMは、【2017年2月16日(木)】

詳細は近日公開予定です。

お酒とたこ焼き片手にゆったりとお話しましょう。

ご来店お待ちしております。

=================================================


 
– go to post

こんにちは!
関西からやってきました、インターンのLucyです!

自由気ままに町を探検するのが好きな私。

はじめての三軒茶屋。

どんなところだろうか。

ん?

さっそく、なんだか ”コーヒーのいい香り”がしてきました。

img_5241

香りに誘われて、ゆらりと住宅街へと進んでゆく。

おっ!木のぬくもり溢れるお店を発見。

img_5030

実は、私が訪れた12月20日は、「Coffee Wrights(コーヒーライツ)」のソフトオープンの日だったのです。

素敵な日に、私のバウムライフは始まりました。嬉しくて、ちょっぴり大人なエスプレッソに手を伸ばしてみたり…!

あなたも「コーヒーをつくる人たち」のひとりに

img_5180

Coffee Wrightsの、”Wrights”は古い英語で「つくる人、する人」という意味です。

img_5100

バリスタの方が煎れる1杯を楽しめるのはもちろんのこと、豆の販売もあるので家でのコーヒーの味わい方が広がります。

とは言うものの、普段から、家で豆を挽いてコーヒーをたしなむ習慣のない人からすると、いきなり豆を購入することは少しハードルが高いように感じるかもしれません。

「豆にはどんな違いがあるんだろう?どういう風に淹れればいいんだろう..?」
お店の人に尋ねてみたいけれど、なんだか恥ずかしくて聞きづらいという人もいるかと思います。

このお店では、そんな相談もしやすく、これからコーヒーの世界を知りたいなという人にとっても、親しみやすい空間です。
私は、今日初めて “フルーティーな甘いコーヒー”に出会いました。
「まだまだ初心者な私でも、家でのコーヒーの楽しみ方が広がるかもしれない..!」と夢がふくらみます。

“1杯のコーヒー” から始まる、新しいまちの楽しみ方

img_5002

にぎやかな店内の雰囲気に誘われて、ついつい外からものぞきたくなります。

img_5283

“朝から、今日も1日がんばるぞの1杯”

“お昼に、コーヒーとスイーツでのんびりと”

”帰り際に、今日もお疲れさまのひととき”

行く時間によって色んな楽しみ方ができそうです。人と人のキョリが近いので、コーヒー片手に色んな人とお話したくなりました。三軒茶屋に訪れたときには、ぜひCoffee Wrightsをのぞいてみてください。

 

======================

[Coffee Wrights]

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1丁目32−21
1-32-21 Sangenjaya Setagaya-ku Tokyo 1540024
三軒茶屋駅南口B出口より徒歩3分
営業時間 9:00~18:00
火曜定休

http://coffee-wrights.jp/


Posted – 10月 31st, 2016
under バウムな毎日
 
– go to post

こんにちは、BAUMインターンsoysoyです!
10月25日 神保町で 『THE Work TALK SHOW』 が開催されました。
img_1535
今回は
新しい社会貢献のカタチを提案する「ソーシャライジング」をコンセプトとしたホテル『TRUNK HOTEL』さん。
人、暮らし、地域を繋ぎ、もっと豊かに生きるヒントを発信する移住&地域の情報誌の『TURNS』さん。
『BAUM』の3社によるナイトトークショー!

IMG_1108

会場には会社帰りの方や、放課後の学生さんもいたり、たくさんの方が集まってくれました。

司会は落語家の鈴々舎馬るこさんと、バウムのあかねさん、なかなかみることができないコラボレーションで進んでいきます。
img_1412
正解した会社だけができる3分間の会社説明を懸けて早押しクイズにわくわく苦戦したり!
どんなテーマが当たるのか!出た目についてお話しするサイコロトークにハラハラしたり!

IMG_1141IMG_1196IMG_1286

あまり知らなかったTRUNK HOTELさんやTURNSさんのこともすぐに詳しくなれたり!
なかなかの難問に正解がでなかったBAUMがんばれ!と応援したり!

IMG_1107

時間たりないよ!聞きたいところがきけないっ!と、感じるかと思いきや、
会社を知る、というよりも、より会社の人柄や雰囲気をのぞくことができました。

それぞれの会社の理念やコンセプト、事業内容を知るだけでなく、
そこから自分がどんなやりたいことをひそめているのか考える機会になりました。

そのあとは、もっと知りたい!聞いてみたい!コトを近い距離で直接質問、相談できます。
img_1509IMG_1503IMG_1443

 
人として会社と出会い、会社を知り、知り合いになる
知り合いになったあとだからお話しも弾む!

会社も皆さんも真剣で楽しそうな眼差しで、私はどきどきしてしまいました。
受付をしながら見ていて思ったことは、いろんな人といろんな働き方があって、生き方はもっといろいろで、真剣でかっこいい、ということです!
img_1536
会社説明会というカチカチドキドキのイメージを覆す、聞いている側も会社も笑ってしまう、そんなイベントでした。
温かいひとが集まり、温かい会社説明会になる、この THE WORK TALK SHOW。
第二回にも期待、大!です。


 
– go to post

夏も終わり、あっという間に日が暮れてしまう季節になってきました。
はやくこたつに入りたいインターンのsoysoyです!

BAUMではPortlandに関わるお仕事もあり、Portlandsickな私にとってドキドキな場です。
はじめてBAUMにきて、PDXカーペットを見たときは日本にもPortlandがある!と感動してしまいました。

baumの壁にはずらっと本が並んでいます。
じっくり見ていくと、何度も息をのんでしまうほど”PORTLAND”という文字に出会うことができるのです!
dsc06591
読書の秋!
ということで、今日はBAUMで見つけたたくさんのPortland本の中から私のお気に入りをいくつか紹介したいと思います!

ひとつめは 『coyote No.28』
dsc06609
Go!Go!Oregon という特集。
オレゴンについての特集でポートランドにも触れている、他にはない一冊です。
オレゴン在住の映画監督ガス・ヴァン・サントやオレゴン出身の作家レイモンド・カーヴァーについても知ることができるのです。
2008年発行という、ポートランドフィーチャーの先駆けかもしれません。たくさんの写真もかっこよくて、なかなか深いです。
オーガニックやまちづくり、クラフトなどというキーワード以外でポートランドを切り取る、違う角度で見つめることのできる本だと思いました。

ふたつめは 『POPEYE 807 THE PORTLAND CITY GUIDE』
dsc06625
これはもう!
火付け役、ポートランドが日本に定着するきっかけとも言えるかもしれません。
一冊まるごとポートランドの特集を、ガイドブックにしているなんて!
他のPOPEYEを見てみても、パリ、ニューヨーク、ロンドン、西海岸LA・サンフランシスコ、大都市と肩を並べています!!カルチャー的にみても、ポートランドはたしかに凝縮されたまちで、一冊の中にぎゅうぎゅうに詰められたPOPEYE的ポートランドはやはりdeepです!
シティボーイだけでなくみんなの心を鷲掴みにする一冊だと思います。
私もこのPOPEYEをホームステイ先のベッドの上で広げて、ハングアウトを計画していたのを思い出します。

じつはPOPEYEにはもう一つ、ポートランド特集があるのです。
それが 『POPEYE 790 SKI BOY』 です
dsc06629
スキーとはいえポートランドについてしっかり知ることができます。
Mt.Hoodがあるおかげでほぼ一年中スキーができるまちです。
なかなかガイドブックなどではくわしく取り上げられているのを見かけないスキー事情なので合わせて読みたい一冊かもしれません。

みっつめが 『Portland An Urban Eco Guide』
dsc06622
英語のガイドブックです。
Eco Guideというだけあって、紹介されている場所は
localかどうか
organicかどうか
bikableか、つまり自転車で行けるのかどうか
このような基準のもとで様々な項目に分けられた、たくさんのポートランドのお店やイベントなど、幅広く紹介されていて、ある意味とてもポートランドらしい一冊だと思います。

よっつめが 『revel in portland volume1』
dsc06634
こちらも英語のガイドブックなのですが、なんといっても、とてもおしゃれです!
dsc06640
映画監督や建築家、シェフ、デザイナーなどの様々なポートランダーがそれぞれのポートランドを紹介しています。
美しい写真やデザインで、ガイドブックという括りではまとめられない一冊です!

おまけ
『CAR AND DRIVER』
dsc06632
1970年の車のカタログ本です。
ポートランドについての本でもなく、車が好きな訳でもないのですが、、、
dsc06633
この本のヴィンテージ感とシールがなんともポートランド感いっぱいで、古着屋さんやヴィンテージのお店を徘徊したことを思い出してしまいました!

もともと私は留学でPortlandを知り、大好きになりましたが、今見てみると、2014年あたりからたくさんメディアで取り上げられ、今ではたくさんの人がPortlandを眼差しているようです!
移住する人もたくさんいて、youtubeには”stop telling people about Portland”という投稿すらあるほど!

先日、宇田川さんによるまちづくりの講座についていかせていただきました!
slack_for_ios_upload_720
Portlandのまちづくりが有名なことはよく聞いていました。
実際に何度も訪れて、たくさんのお話を聞いている宇田川さん的Portlandに触れて、具体的にどんな歴史をたどって今のまちがあるのか、どんな取り組みと住民のアクティビティがあるのか、新しい”Portland”をみることができて、とてもわくわくしました!

もっともっとPortlandを知りたいし、これからのPortlandも見逃せない!
BAUMインターンもPortlandも深いなと感じるsoysoyでした!


 
– go to post

みなさん、こんにちは。
バウムで最古参、吉本です。

日本仕事百貨でバウムの社員募集を見たのがおよそ5年前。
そこから、結婚・妊娠・出産を経て、2016年の今年4月に復職しました。めまぐるしい、バウムライフ!毎年何かのライフイベントを経験しています。

SONY DSC
バウムが日本橋に移転した2013年はじめくらい。20代の私。

入社当初は、スタッフも少なく、どしどし夜遅くまで働いていたけれど、いまじゃすっかり保育園の送り迎えにママチャリを駆使する働くママ。バウムに入った頃には想像していなかったような日々を生きています。

さてそこで、バウムくらいの規模の小さい会社で働きながら子どもをもつ時に不安になったことなど、妊娠中からこれまでを振り返りつつ、バウムで働くママになるまでをまとめてみたいと思います。

●産休も育休もちゃんととれます
ご存知の通りバウムは若い会社なので、会社として産休・育休制度はあっても、取得したのは私がはじめてでした。なので、取得するにあたっては『たまひよ』読みながら、給付金がいくらもらえるとか、社会保険の手続きとか調べたりして不安を払拭。いまでは会社として、そういった手続きも万全(なはず)なので、これからバウムで働きたいという方も安心してください。実際、現在も育休中の社員が1名います。満面の笑顔の弊社コーポレート部のさてぃさんがしっかり対応してくれます!

img_0324

●つわりが苦しければ自宅作業も
私は妊娠中そんなにつわりがひどい方ではなかったけれど、気持ち悪くて通勤途中の駅で降りたり、そこから帰ったりも何度かしました。体調をみながらの勤務にはなりましたが、自宅作業で対応したり、他のスタッフがサポートしてくれたりと(ありがとう!)、産むまでバリバリ働くぜーっていう感じではなかったのが個人的にはよかったかなと。(もちろん、働きたい方は問題なし!)。そのあたり、会社としての理解は高いと思います。

slack-for-ios-upload-3
つわり時期はトマトしか食べられず痩せた。

バウムでは、国内外の出張や、クライアント先での業務が多いので、スタッフみな個人PCを持ち歩いているし、情報共有やファイル共有もクラウドサービスを利用しているのでWiFiとケータイさえあればオフィス外でも仕事できるようになっています。なので、体調悪いときに無理やり会社に来なくても仕事ができるぞ、っという環境はありがたかったです。(逆に、いつまでも仕事しちゃうっていう罠もありますが)

baum74
出張で行ったポートランドで仕事。これは2013年頃。この写真気に入っている。

●時短勤務をすることにしました
何とか保育園問題を克服して、無事入園。そのとき娘は8カ月。その園では一番月齢が低かったし、私も、もう少しそばにいてあげたい、という思いもあり、時短勤務をお願いすることにしました。

バウムは10時‐17時がコアタイムのフレックス制です。なので、いまは10時−17時で働いています。うちは夫が朝ゆっくりめで夜遅いし、朝は娘と一緒に過ごせたらいいなと、保育園は9時30分からお願いしています。ただ、朝早くから預けて、早目に会社に来る、という働き方もできるのでは?と思います。社長ともコーポレート部とも関係が近い会社なので、全然相談できると思う。状況にあわせて働き方、一緒に考えられると思います。

●子どもが熱を出したらどうするか
いわゆる「保育園の洗礼」を受けて、慣らし保育の時期から、毎月1回は熱を出して、約1週間休む(うち1回は入院もした)、という暮らし。その間看病のために、会社は休ませてもらっています。突然やってくる40度近い発熱。病院に行ったり、いつも以上にからんでくる、抱っこをせまる娘。自宅作業で仕事するのも難しい状況です。

妊娠する前は、ひとりで担当している案件が多く(外部のスタッフさんとチームを組んではいるけれど)、自分しか対応できないような仕事の仕方をしていました。ただ、それでは無理だ!と早々に社長に訴え、常に同じ案件をみている、心強い相棒を得ることができたのです。

あかね!
AKANE!
バウムのスパイ社員!

img_0313

あかねさんのおかげで、突然自宅作業のときも、やりかけになったまま帰らなければならない仕事も、何とかやっています。本当にありがとうございます。

今日は自宅作業します、の連絡をするコーポレート部のさてぃさんも、いつも優しく「大丈夫ですか?手伝いますよー」と言ってくれるし、外部のスタッフさんやクライアントのみなさんも「そろそろ保育園のお迎えの時間ですけど、大丈夫ですか」と気遣ってくれるし、一緒に働く人のやさしさにたくさん助けられています。もちろん、子どもが寝た深夜に作業をすることはあるけれども、まわりの人がみな嫌な顔をせずにいてくれるっていう安心感が、仕事をはかどらせてくれるような気がします。

●每日の仕事と暮らし 
オフィスが日本橋から表参道に引っ越したことで、個人的には家からの距離がすごく近くなったので大助かり。こんなスケジュールで每日過ごしています。

7時 娘起床 早く起きろと叩かれる/身支度/朝ごはん準備
8時 朝ごはん/娘身支度
9時10分 家を出る
9時30分 保育園到着
10時 出社
17時 退社 ついつい残業のように17時半前くらいまで会社に
18時 保育園へお迎え
18時30分 夕飯を食べさせる
19時30分 お風呂にいれる
20時 遊んだり、本を読んだり、娘との時間
21時 寝かしつけ/夕飯準備
23時 夫帰宅/夕飯/洗濯/明日の準備/風呂
25時 就寝

●まとめ
復職からおよそ半年。娘1歳2カ月。やっと每日の生活や働き方のリズムをつかめてきたような気がします。
一時期、夫も每日働いて稼いでくるわけだし、1歳にもならない娘を預けてまで働きたいのは、私のわがままなのではないか、などと、もんもんとしたこともあったわけですが、働きながら子育てにしたことで、ひとりの時間も増えたし、娘と一緒にいる時間は少なくなったけれども、その分、家に帰ったら集中して遊ぼうと思ったり。保育園の先生たちは神だし、娘も楽しそうに通っているし。私は熊本、夫は大阪が地元で、ちょっと子どもをみてもらえる人もいないし、ずっと子どもと二人だったら、かなり鬱々としていたはず。保育園に預けられて働くことができて、私の精神安定的にもすごくよかったなと。

小さな会社であるバウムは、大企業のような安心感はないかもしれないけれども、形式張った仕組みや人間関係にしばられすぎずに、どう働きたいか、生きていきたいかを考えながら過ごせる、子どもを育てながら働く人にとっては、よい環境ではないかと思います(もちろん、大変なことも、たくさんありますよ)

娘もたまに、バウムのイベントに参加したり。みんなにかわいがってもらえて、とても嬉しい。もう少し大きくなったら、お母さん楽しそうに働いてるな、仕事おもしろそうだな、って感じてもらえたら。笑って働くお母さんになりたいなと思うのでした。

slack-for-ios-upload-1
アルバイトのさくどんちゃんお別れ会。
保育園のある下北沢で開催してもらったので、夕飯とお風呂を終えてパジャマ姿で20時から合流することができた娘。私も夜の飲み会に久しぶりに参加できた。ありがたし!

img_4908外苑前のオフィスびらきのとき。娘を抱っこしてしゃべりました。

働くママの生活ははじまったばかり。娘が泣いているのにパソコン開いて仕事したり、夜泣きで寝不足が続いたり、夕方からの打ち合わせに参加できなかったり(申し訳ないです)、これまでも、これからいろんな困難があると思うのですが、いつも通りに、每日できることをできるだけ、夫に、娘に、家族に、一緒に働く人たちに感謝して、仕事、がんばっていきたいと思います。

支えてくれるみなさん、いつもありがとうございます。