Posted – 4月 12th, 2017
under バウムなお知らせ
 
– go to post

□ 図書館に向かう電車の中でで太った猫を発見する
□ 気になるあの人と二人きりのエレベーター
□ ラ・ラ・ランドのイントロ
□ 丸の内朝大学チアダンスクラス

これらに共通することは何でしょうか。

……それは、なにか楽しいことが起こりそうな気持ちにさせてくれるということ!

やや強引な書き出しになってしまいましたが、、
朝7時からチアを踊り、1日のはじまりを楽しくするチアダンスクラスは、
朝大学の中でも珍しいロングランクラス。なんとこの春、10期目を迎えるのです!

そんな長く愛される理由のひとつはこの人。
ゆっきー先生☆

丸の内チアダンスクラス

(左から二番目)
15540844_10211533912728514_2062761605856000923_o

風邪をひいていてもメールの語尾に☆をつけてくれる
ゆっきー先生は強靭なチアスピリッツの持ち主。

小気味のいいトークと思わずうっとりしてしまうダンスで、
受講生の心を鷲掴みにします。
とても愉快でやさしく教えてくれるので、
その日1日を明るく過ごせることは間違いなし!

そしてゆっきー先生が考えるカリキュラムは、
基礎からさまざまなテクニックまで幅広く学び
初心者の方はもちろんのリピーターの方でも楽しめる内容になっています。
ジャズやヒップホップダンスも取り入れて
さまざまなジャンルに一度に挑戦できるのもおすすめポイント。

これまでどんなクラスをしてきたのかさくっとご紹介しましょう!

13263803_1079944735412787_2523772730771006280_n

13230268_1079944665412794_1357127820515175637_n

SONY DSC

13245416_1079944695412791_8751143967915414882_n

13528086_1175855052478471_85794924398668550_o

15626038_1056618227779837_5322031638044626224_o

クリスマス、和、80’sなど、クラスによってテーマはさまざま!
ダンスだけでなく、衣装や小物までこだわってつくり上げるので
達成感もひとしおなのです。

さて、今期はどんなクラスになるのでしょうか?

週のはじめを気持ち良くスタートしたい方、
チームでエモーショナルに打ち込んでみたい方、
ラ・ラ・ランドを観て以来とにかく踊りたくてしょうがない方
などなど、みなさんのご参加をお待ちしております!

締切は4月13日(木)23:59まで!お早めに〜!
http://asadaigaku.jp/archives/asadai_kouza/cheer


 
– go to post

こんにちは!インターンのsoyです。

わたしは普段学校で教育学について学んでいます。

そんなわたしは毎週日曜18時半になると、
いつも、カツオくんやその親である波平さんに学びの本質について話したい!と思ってしまうことがあるんです。

カツオくんは勉強嫌いで有名ですよね。
だけど、カツオくんはどうやったらバレずにイタズラができるかということに関しては誰よりも考えているし、うまくやってしまいます。
放課後も家に荷物を置いたらすぐに外に出ていくなど、好奇心に満ちています。

でも、家では宿題をしないことを怒られたり、テストの点数が低いと怒鳴られたり。
はたしてテストの点数が悪いのは本当によくないことなのでしょうか?

ふつう「教材」というと紙の教科書をイメージすると思います。
しかし、私の研究テーマでもある「学びの本質」という点から考えれば、
サザエさんを見ることも、公園で遊ぶことも、
世の中に溢れるあらゆるものは教材と言えます。

例えばあるとき森の中でどんぐりを見つけたとしましょう。
ふと、
「なぜひ形が違うドングリがあるんだろう?」
「食べられるのかな?」
と思った瞬間に学びは始まります。
気になって、図鑑で調べたら知識として身につけることができます。

つまり、
自分でわくわくすること、感じることこそが「学びのきっかけ」なのです!

mori2

教室の中だけでなくとも、国語算数理科社会はあるゆるところに潜んでいます。

森で感じたわくわくが
植物に対する興味であれば理科だし、
「この森はどのように維持されているのか」という視点に立てば社会科です。
「人工的に植えられた木なのに“自然”という表現が適切なのか」
という疑問なら国語の観点で学ぶこともできますよね。

おや??森の話をしていたら、なにやら良い知らせが。

なんと、4月からはじまる丸の内朝大学で、森に行って学べるクラスがあるようです!!

web_mori

都会にいながら森と共生していく、アーバン森暮らしを行うためのアイデアを考えるためのクラスです。
授業では国内外の森の現状や、林産業について勉強し、フィールドワークとして熊本県の小国町を訪ね、
森林の間伐の様子や、木材加工所の見学にいきます。

森は教材としても非常によいフィールトだと思います。
森を学べば、世の中との様々な問題との関連がわかるようになる。
たまには書を捨て、森へ出るのも楽しそうですね!

まだ申し込み受付は間に合います。
気になる方はお早めに!

アーバン森暮らしクラス 阿蘇・熊本編
〜大切なことはすべて森が教えてくれた〜

昔から、日本人の暮らしのそばには森がありました。
澄んだ水、木の道具、栄養価の高い肉、野草など、人の生活は自然の豊かな生態系の中で育まれてきました。
ところが近年、生活様式の変化や、木材価格の低下により、国内では手入れの行き届かない不健康な森が増えています。
また都市に暮らす私たちの生活は様々な要因により健康的な暮らしから遠のいています。
都市部でも森との共生を取り入れる“アーバン森暮らし”を目指し、森について楽しく学びます。

詳しくは http://asadaigaku.jp/archives/asadai_kouza/urbanmori


Posted – 9月 21st, 2016
under バウムなお知らせ
 
– go to post

みなさんこんにちは。
少しずつ、秋が近づいてきましたね。

みなさん秋と言えば、何を思い浮かべますか?
もちろん私にとって、秋といえば、食欲の秋!
美味しいものが多くて、ついつい誘惑に負けてしまうこの時期、
定期的に続けられる運動があればなあ、と思うのです。

丸の内朝大学で開講される「丸の内チアダンスクラス」は、
そんな人におすすめしたいクラスです!

DSC00765

チアダンスは、チアリーディングのアクロバティックな動きではなく、
ダンス部分を独立させた、誰でも簡単に始められるスポーツ。

さらに、このクラスでは単にカラダを動かすだけでなく、
チームワークはもちろん、いつでも明るい気持ちを持てるチアスピリットまで学ぶことができるのです!!
(講師のゆっきー先生は熱でダウンしていてもメールの語尾に☆をつけてくれます)

DSC04689

チアダンスというと、女性が中心のスポーツに思われがちですが、
丸の内朝大学のチアクラスには、男性も多数参加しているんです。

DSC00753

13524465_1175859242478052_6268984571608099297_n

最終発表に向けて、練習するだけでなく
自主練や反省会という名の飲み会や
おそろいのユニフォームを作ったり・・・
とにかくパワフルで、かなり濃い3ヶ月を過ごせることは間違いありません。

ただのクラスメイトじゃなくて、きっと良い仲間に出会えるはず!

1472636472J28D30WN1REbvOg1472636470

そんなチアクラスは現在申込受付中です!
▶︎詳細はこちら

お仕事前に、ひと汗流せば、さわやかな気持ちで出勤できそうですね。
食べすぎちゃってもプラマイゼロ。(かもしれない。)
みなさんぜひご参加ください〜!!


Posted – 9月 8th, 2016
under バウムなお知らせ
 
– go to post

img_9214

男女の顔のイラストが印象深いビジュアル、これってなに。

14102303_10210303967616649_2551638385009466507_n

工事現場の仮囲いです。

いま、渋谷エリアでは、バウムが制作した
「ものすごいクリエイティブな」ビジュアルを、仮囲いとして見ることができます。
原画は、バウムとつながりが深い米国・ポートランド在住のアーティスト。
さて、このビジュアル。街のどこにあるのかな。
渋谷エリアを訪れたらぜひ探してみてください。2カ所ありますよ!

そして、このビジュアル、こんなところでも発見しました!
160803_greenz_banner1

バウムとも仲良しのgreenz.jpで、9月12日(月)の夜、
「暮らしの価値を上げる遊びと仕事 ~ものすごいクリエイティブな、
渋谷の未来を考える~」というイベントが開催されます。
※詳細はこちら

「デザインとものづくり」「食とまちづくり」の2セッションに分け、
ゲストたちと渋谷の未来を考えるとのこと。ヒカリエ8階です。

そしてそして、このビジュアルは電車広告としても見ることができるんです!

14202611_880090095425444_8696593406591663072_n

東急東横線、東京メトロ副都心線に乗って、この広告のある車両に乗ったら
めちゃめちゃラッキーです。奇跡です。
その日ずっといいことありますよ(きっと)
だって1台しか走ってないから!

渋谷を中心に、街でWEBでいろんなところで見ることができる、このビジュアル。
ここにあったぜ!っという報告、どしどしお待ちしています。
見つけた人には、ドドンと激レアプレゼントをあげちゃうかもね。


 
– go to post

残暑!
9月になったというのに、まだまだ暑い日が続いております。
みなさまいかがお過ごしですか。

「しっかしあついな〜」なんて夏の暑さを恨めしく思っていても・・・
木々のしたで日よけをしながらそよそよと風を浴びていると
「まぁ夏もいいものだ」なんて感じているさちえです。
(クールダウンにはあずきバーも欠かせません!!)
感覚までもかえてしまう
自然の力って不思議ですよね。

DSC_0651

『森をもっと身近に!』
昨年に引き続き、丸の内朝大学 秋学期に「アーバン森暮らしクラス」が開講されます。

日本は山や海など自然に囲まれています。
先日も上陸した台風に自然の恐怖を覚えましたが、川のせせらぎや青々と茂った緑地、私たちの心を癒してくれるのも自然です。
都心で暮らしているとその尊さを忘れがち。

講座では、日本の林業から、ジビエやハチミツ、セラピー効果など普段の私たちの生活を豊かにしている森の恵みについて学び、
フィールドワークでは高知県の四万十川の源流に位置する檮原町を訪れ、森に触れます。

ここからは、昨年のフィールドワークの様子をちらりとご紹介。

DSC_0332
DSC_0297

草木の生い茂る山をずんずんと歩き、
実際に木材を間伐している林業現場や木材加工場を見学し、
国内にある森の現状を学びます。

DSC_0365
DSC_0442

周囲の環境にマッチした建築を設計する隈研吾氏の
「梼原町総合庁舎」や「雲の上のホテル」の見学、
森が育んだハチミツやジビエ、野草などの食材から、
森林について知識を深めます。

受講生の中には、檮原町に魅了され棚田オーナーになられた方もいらっしゃいます。

DSC_0482

森から帰ってきた後は、都市で生活しながらいかにして森と関わり合えるかをグループで考えていきます。

DSC_0461

普段の生活だと自然や森を感じる機会はあまりないのではないでしょうか。
私たちの身近な生活の中にも森の恵みがたくさんあります。
今秋、「アーバン森暮らしクラス」に参加し自然に囲まれ、
森との関わり方や自分たちの暮らしを見直すきっかけを一緒にみつけてみませんか?

講座申込の受付は、本日よりスタート!
お申し込みはこちらから。