– go to post

みなさんこんにちは。
少しずつ、秋が近づいてきましたね。

みなさん秋と言えば、何を思い浮かべますか?
もちろん私にとって、秋といえば、食欲の秋!
美味しいものが多くて、ついつい誘惑に負けてしまうこの時期、
定期的に続けられる運動があればなあ、と思うのです。

丸の内朝大学で開講される「丸の内チアダンスクラス」は、
そんな人におすすめしたいクラスです!

DSC00765

チアダンスは、チアリーディングのアクロバティックな動きではなく、
ダンス部分を独立させた、誰でも簡単に始められるスポーツ。

さらに、このクラスでは単にカラダを動かすだけでなく、
チームワークはもちろん、いつでも明るい気持ちを持てるチアスピリットまで学ぶことができるのです!!
(講師のゆっきー先生は熱でダウンしていてもメールの語尾に☆をつけてくれます)

DSC04689

チアダンスというと、女性が中心のスポーツに思われがちですが、
丸の内朝大学のチアクラスには、男性も多数参加しているんです。

DSC00753

13524465_1175859242478052_6268984571608099297_n

最終発表に向けて、練習するだけでなく
自主練や反省会という名の飲み会や
おそろいのユニフォームを作ったり・・・
とにかくパワフルで、かなり濃い3ヶ月を過ごせることは間違いありません。

ただのクラスメイトじゃなくて、きっと良い仲間に出会えるはず!

1472636472J28D30WN1REbvOg1472636470

そんなチアクラスは現在申込受付中です!
▶︎詳細はこちら

お仕事前に、ひと汗流せば、さわやかな気持ちで出勤できそうですね。
食べすぎちゃってもプラマイゼロ。(かもしれない。)
みなさんぜひご参加ください〜!!


Posted – 9月 8th, 2016
under バウムなお知らせ
 
– go to post

img_9214

男女の顔のイラストが印象深いビジュアル、これってなに。

14102303_10210303967616649_2551638385009466507_n

工事現場の仮囲いです。

いま、渋谷エリアでは、バウムが制作した
「ものすごいクリエイティブな」ビジュアルを、仮囲いとして見ることができます。
原画は、バウムとつながりが深い米国・ポートランド在住のアーティスト。
さて、このビジュアル。街のどこにあるのかな。
渋谷エリアを訪れたらぜひ探してみてください。2カ所ありますよ!

そして、このビジュアル、こんなところでも発見しました!
160803_greenz_banner1

バウムとも仲良しのgreenz.jpで、9月12日(月)の夜、
「暮らしの価値を上げる遊びと仕事 ~ものすごいクリエイティブな、
渋谷の未来を考える~」というイベントが開催されます。
※詳細はこちら

「デザインとものづくり」「食とまちづくり」の2セッションに分け、
ゲストたちと渋谷の未来を考えるとのこと。ヒカリエ8階です。

そしてそして、このビジュアルは電車広告としても見ることができるんです!

14202611_880090095425444_8696593406591663072_n

東急東横線、東京メトロ副都心線に乗って、この広告のある車両に乗ったら
めちゃめちゃラッキーです。奇跡です。
その日ずっといいことありますよ(きっと)
だって1台しか走ってないから!

渋谷を中心に、街でWEBでいろんなところで見ることができる、このビジュアル。
ここにあったぜ!っという報告、どしどしお待ちしています。
見つけた人には、ドドンと激レアプレゼントをあげちゃうかもね。


 
– go to post

残暑!
9月になったというのに、まだまだ暑い日が続いております。
みなさまいかがお過ごしですか。

「しっかしあついな〜」なんて夏の暑さを恨めしく思っていても・・・
木々のしたで日よけをしながらそよそよと風を浴びていると
「まぁ夏もいいものだ」なんて感じているさちえです。
(クールダウンにはあずきバーも欠かせません!!)
感覚までもかえてしまう
自然の力って不思議ですよね。

DSC_0651

『森をもっと身近に!』
昨年に引き続き、丸の内朝大学 秋学期に「アーバン森暮らしクラス」が開講されます。

日本は山や海など自然に囲まれています。
先日も上陸した台風に自然の恐怖を覚えましたが、川のせせらぎや青々と茂った緑地、私たちの心を癒してくれるのも自然です。
都心で暮らしているとその尊さを忘れがち。

講座では、日本の林業から、ジビエやハチミツ、セラピー効果など普段の私たちの生活を豊かにしている森の恵みについて学び、
フィールドワークでは高知県の四万十川の源流に位置する檮原町を訪れ、森に触れます。

ここからは、昨年のフィールドワークの様子をちらりとご紹介。

DSC_0332
DSC_0297

草木の生い茂る山をずんずんと歩き、
実際に木材を間伐している林業現場や木材加工場を見学し、
国内にある森の現状を学びます。

DSC_0365
DSC_0442

周囲の環境にマッチした建築を設計する隈研吾氏の
「梼原町総合庁舎」や「雲の上のホテル」の見学、
森が育んだハチミツやジビエ、野草などの食材から、
森林について知識を深めます。

受講生の中には、檮原町に魅了され棚田オーナーになられた方もいらっしゃいます。

DSC_0482

森から帰ってきた後は、都市で生活しながらいかにして森と関わり合えるかをグループで考えていきます。

DSC_0461

普段の生活だと自然や森を感じる機会はあまりないのではないでしょうか。
私たちの身近な生活の中にも森の恵みがたくさんあります。
今秋、「アーバン森暮らしクラス」に参加し自然に囲まれ、
森との関わり方や自分たちの暮らしを見直すきっかけを一緒にみつけてみませんか?

講座申込の受付は、本日よりスタート!
お申し込みはこちらから。


 
– go to post

 

はじめまして、8月からBAUMでお世話になっています、インターンのsoysoyです!

インターンを始めるきっかけにもなった、大好きなオレゴン州ポートランド!slack_for_ios_upload_720

今日はきらきら笑顔のSatieさんなら、どんなポートランドを楽しんでもらえるのか、私なりに考えてみたいと思います。

DSC06329

PCの使い方からBAUMのこと、様々なことを丁寧に教えてくれるSatieさん、好きな食べ物はお豆腐納豆です。
いつもはBAUMを支えるお仕事をしていて、今はRAPに夢中な音楽お姉さんです。

音楽好きなSatieさんに楽しんでもらいたいポートランド、

ひとつめはレコードです!

ポートランドはまちづくりで有名なだけあって、本当に近所になんでもありました。

ライブハウスもレコード屋さんもあります。

slack_for_ios_upload_480-1有名なMississippi Recordsをはじめとして、ほとんどのエリアでレコード屋さんを見つけることができます。

Slack for iOS Upload私もHawthorneエリアでみつけたJackpot Recordsというレコード屋さんに行った時、音楽に詳しくないながらもワクワクしました。

レコードを流しているごはん屋さんコーヒー屋さんも本当にたくさんあります!
slack_for_ios_upload

slack_for_ios_upload_480ポートランドでレコードを聴きながらのコーヒーや朝ごはんは最高だと思います!

そして、音楽イベント!
イベントでなくても、マーケットでギターを弾いている人がいたり、ダウンタウンでリズムが聞こえきたりしたのを覚えています。

そんなポートランドで最高なイベントのひとつが、Streetcar Mobile Music Festです!

路面電車の中で、ポートランドのミュージシャン達が演奏していくという一年に一度のイベント!

イベントの時間内にいつものようにStreetcarに乗り込むだけで、生演奏が聴けるのです!

Portland State Universityを出発する二つの路線で、それぞれのバンドの音楽を移動しながら楽しめます。slack_for_ios_upload_480-2

slack_for_ios_upload_480-1

slack_for_ios_upload_480生活の中のイベントに、地元の幅広い年齢の音楽好きが集まってきます!

ポートランドには何より、好きなことを追求しているひと、それを応援しているひとがたくさんいます。

きっとSatieさんにも音楽+αで何か新しいことを始めたいと感じてもらえるはずです!

いつかSatieさんと一緒にポートランドの音楽を嗜みながら、
スケートボードをできたらいいなあと思うsoysoyでした。


Posted – 8月 25th, 2016
under バウムな毎日
 
– go to post

将来の家づくりを考える時、みなさんはどんな家に住みたいですか?
ちなみに私は、縁側のある家に住みたい!という漠然とした理想だけはあります。笑

一生に一度、あるかないかの家づくりだからこそ、こだわりたい!
だけど、何を参考にして、誰に相談すべきなんだろう・・・
実際、本格的に家づくりを考えたとき、専門的な知識や、お金の話、
たくさんの悩みが発生すると思います。

Print

先日開校された、SuMiKa主催の「家のつくり方の学校」では、
そんな家づくりの悩みを専門家と一緒に解決していく場が設けられています。
クラスは平屋、省エネハウス、ライフプラン設計の3つのテーマにわかれていて、
私はライフプラン設計の、「あなたの未来年表と家づくりクラス」に参加しました。
このクラスでは、自分たちのライフプランを明確にし、人それぞれにあった
住空間づくりを考えていきます。


◆「家づくりは、人づくりなんです。」

講師は、『頭のよい子が育つ家』の著者、渡邊朗子さん。

環境・空間と人の関わりを研究してきた渡邊さんは、
子育てや、家族との関係に着目した家づくりについてお話してくださいました。

IMG_9178_2

「人の行動や気持ち・価値観の形成は、環境の中にある物、
そこで起こる出来事、場の雰囲気によって左右します。」
人がどう育つかは、家の中の環境が大きく影響するのだそう。


◆ 頭のよい子が育つ家。

渡邊さんは実際に、よい子(心の豊かな子)が育つ家の例を挙げてくださいました。
それぞれの家庭を見ると、
・宿題はリビングの卓球台でやる
・ダイニングテーブルが勉強机
・こども部屋のドアはいつも開けっ放し
など、家の中には、常に家族とのコミュニケーションの場がありました。

ひらめきや、感性を育てる日常の体験こそが学習の場であり、
家族とのコミュニケーションを生む空間づくりがキーのようです。

IMG_9198

空間がつながっている。見える。音が聞こえる。
なんとなく気配を感じる。あたたかみがある。

さまざまな要素の組み合わせで、家の中の印象や感じ方は変わるし、
人の行動や心理も変わる。
自分のライフプランと、空間が生み出す人の行動・心理を
照らし合わせて、建築のデザインを決めていく。
家づくりって奥深いなあ。

子どもをどんな風に育てたいのか、
どんなワークスタイルで、老後はどんな生活をしたいのか。
ライフプランを明確にすれば、家づくりの予算や、
物理的な空間も考えていくことができる。
人それぞれのライフプランにあった空間づくりをしていくことが大切なんですね。

IMG_9233

◆ 家族でつくる、家と未来。

「家は、家族で作っていくものです。」と渡邊さんは話しました。
家づくりを通して、自分たちの未来を考えることは、
改めて価値観や、考え方を共有する機会となり、より絆が深まるはず。

私もいつか大切な家族ができた時は、たくさん悩んで、たくさん話し合って、
自分らしい家・家族の形を象徴するような家を作りたいなあ。

講義を通して、まだまだ先かもしれませんが、未来にわくわくする時間を過ごすことができました。

img_9206

家のつくり方の学校は、TRUNK (HOTEL) 開業準備室で開催されています。
TRUNKは、「ソーシャライジング」をコンセプトとしており、
人々が自分の生き方、大切なことの本質を改めて考えるきっかけとなるような場を
提供していて、今回の講座にぴったりの場所だなと感じました。
コーヒースタンドやブックスタンド、ミーティングスペースなどが設けられており、
なんと誰でも出入り自由!
みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。


◆ まだ、間に合います。

「家のつくり方の学校」では、今回紹介したライフスタイル設計のクラスの他に、
8/30(火)、9/6(火)に「わたしだけの省エネハウスをつくるクラス」、
9/7(水)、9/14(水)、9/21(水)には「平屋暮らしのススメクラス」が開講されます。
お申し込みはまだまだ間に合いますので、家づくりを考えている方、
内容に興味がある方はぜひ参加してみてはいかがですか?
 


Posted – 8月 10th, 2016
under バウムな毎日
 
– go to post

8月8日、バウムは5才のバースデイを迎えました!

5才にちなんで、五輪をイメージしたバウムクーヘンが登場!

s_IMG_9146

イチゴジャムと爪楊枝で、器用にデコレーションをしてくれたのは、
声が大きなことで有名なインターンのはまもん。

ボリューム満点の美声をもつはまもんを先頭に、国歌斉唱。

少し恥じらうメンバーをよそに、余裕のあるまこまこさんは、胸に手を当て歌います。

IMG_9162

金メダル贈呈。

IMG_9158

チーム・バウムは全員メダルを獲得!

\やったー!/
DSC02612

5才になったバウムを、今後ともよろしくお願いいたします◎

さて、世間ではお盆休みがスタートしていますね。
バウムでも、明日8月11日(木)から8月15日(月)の期間、夏期休業とさせていただきます。

news_obon

夏休みってあっという間に過ぎてしまいますよね・・
海ではしゃいだり、おうちでまったりアイスクリームを食べたり、宿題に追われたり。
気づけば夏が終わっていた!なんてことも。

夏休みが終わって欲しくない。休み明けにも楽しみが欲しいという方に朗報です。
8月20日(土)に世田谷ものづくり学校で開催される、Speak Spark Tokyoという
イベントで注目のクリエイター・業界人によるトークセッションや、ワークショップなどがおこなわれるようです!
そこではバウムが開発に携わった一畳ハウスも展示されるので、(ぼそっ)
みなさんぜひ足を運んでみてはいかがですか?


 
– go to post

初めまして、インターンのローリーです!

BAUMにインターンとして参加させていただくようになってから、
早くも1ヵ月半が経ちました。

出社初日のことはよく覚えていて、
何をして良いのかわからずガチガチに緊張していた私に、
最初にお仕事をふってくださったのが宇田川さんとまこまこさんでした。
(ヒゲの方が2人!!)

それなのに、まこまこさんの名前がなかなか覚えられず、
宇田川さんじゃないほうのヒゲのかた、で最初は覚えていました、、、、、

今ではまこまこさんの隣の席にお邪魔していて、
BAUMの中では(物理的に)一番距離が近い存在になりました。
今日はそんなまこまこさんのことを私が勝手に考察してみます!

IMG_8345

BAUMは女性スタッフが多いなか、まこまこさんは数少ない男性スタッフです。

週4は白いTシャツとデニムで出社という私服はゆるめなまこまこさんですが、
お仕事中はとてもメリハリがあって、オンオフの切り替えがすごいです。。。
(これはBAUM全体にも言える事だと思います!)

わざと素っ気なくしてくることもありますが
私が基本的なところでわからない事があっても親切に教えてくださり、
まこまこさんは常に余裕のある人というイメージです。

Slack for iOS Upload (1)

普段も席の後ろを通る時は、ぺしゃんこになって通路を空けてくださり、
今朝にはなんと手作りジンジャーエールを注いでくれる、ぼびぼび男子なのです!

 

…そして、そんな素敵なまこまこさんが企画を担当した、
「家の作り方の学校」が、8月22日から開講されます!

Print

家づくりに悩んでいる人を対象に、建築家、大学准教授、文筆家と
バラエティに富んだ講師陣と一緒に家づくりを学ぶことができる講座です。
これを機に、あなたのライフプランにあった家づくりを考えてみませんか?
気になる方は詳細を是非ご覧ください!
https://sumika.me/contents/10116


 
– go to post

 

new-intern

バウムでは、春を迎えるにあたって、真ん中で支えてくれる人(インターン)を募集しています!

インターンって何するの?どういうことが学べるの?
という方のために、現在バウムでインターンをしている、ジョージ&ゴールドに対談をしてもらいました。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

IMG_2723
ジョージ
長野県出身の人間科学を学ぶ大学4年生。
バウム唯一の体育会系。力仕事からネーミングまでマルチに担当。
好きな食べ物はバナナ。髪質が固い。

IMG_2723 2
ゴールド
東京生まれ東京育ちのデザインを学ぶ大学4年生。
グラフィックやロゴデザインを主に担当。
好きなスターウォーズはエピソード4。寝癖がち。

 
 

ジョージ(以下じ):いきなりだけどさ、ゴールドってなんでバウムに応募したの?

ゴールド(以下ご):俺はね、グリーンズのローカルデザインクラスに通ってたんだけど、宇田川さんが講師だったの。そこでバウムの話をしてくれてものすごく興味を持ったんだよね。
あと、その時インターンの人が見学に来てて、「あ、インターン受け入れてるんだ」って。

IMG_2749

:そんな出会いだったんだ!バウムのどういうところに興味を持ったの?

:コンセプトからしっかりと考えて、表面的なことだけではなくコミュニケーションを生んでるところがすごくおもしろいなと思った。
ジョージはなんで?デザインとはまったく関係ない大学だよね?

:俺は夏休みに地元の長野県のイベントの実行委員をやったことがきっかけで、地元の活性化に関わりたいと思ってたんだ。
そしたらその時にお世話になった方に宇田川さんが講師をしていた「ローカルデザインクラス」を教えてもらって、これだっ!て思ったんだよね。
〆切間に合わなくて参加できなかったけど(笑)
だからインターンで入り込んでしまえば、何か地域活性に関することを得られる!と思って応募したんだ。

:それが多分俺が受けてたやつだ。
俺より早くインターン受けてたけど、バウムのインターンで得たことってなに?

:それは難しい質問だなぁ。得たこと…たくさんあるかな。
まちづくりの案件に関わった時は、今まで知らなかったような手法で場を作れることを知れたし、他にも課題を解決する時の考え方とか。
結構大事なのが、電話の出方とか社会人として常識的なところも学べていると思う!

:うんうん、確かにバウムではインターンなのにもかかわらず割と実践的なことを任せてもらえるよね。

:俺はデザインの技術がないからあまり制作物は作ってこなかったけど、ゴールドみたいにそういうスキルがある人は入ってすぐにいろんなものを制作していたじゃん?結構羨ましいよ!(笑)
そんなゴールドはインターンとして働いていて何を得たと思う?

:やっぱり実際の現場を見て肌で感じれることは大きいかなあ。
デザイン実務もそうだけど、カメラマンをやったり、行列の整備をしたり(笑)
色々な経験をさせてもらえたのも得たことの1つかも。

:確かに。普通はここまでやらせてもらえないもんね。

:そういえばジョージはなんでジョージって言われてるんだっけ?

:俺?それは顔が猿に似てるからお猿のジョージから取ったんだよ(笑)ゴールドは?

:きんのすけの”きん”から。字は違うんだけどね。
面接に来た時にいきなりつけられたんだよね(笑)

IMG_2766

:やっぱそうだよね。俺も面接の時に決まった!

:バウムの人たちはみんなあだ名で呼ばれてるよね。

:確かに!〇〇どんとかね。そんな雰囲気もまたいいよね。

:会社っぽくないアットホームな雰囲気がいいよね〜いろんなお菓子くれるし(笑)

:すごくフリーな感じだよね。でもその分仕事の責任が大きい気もするけど!
オンオフの切替がすごいっていうのかな。
それからさ、みんな同じような興味でインターンに来ているじゃん?例えば地方に興味があるからとか。
だからインターン同士で同じプロジェクトをやるって決まった時すごいワクワクしたんだよね!

:インターン生だけでひとつのプロジェクトを任せてもらえることなんてなかなかないよね。まだまだ見通しは見えないけど頑張りたいよね!

:そうね!すごくやりがいあるし、モチベーションにもなるよね。
自分の興味の持っている「まち」という場をよくするためにはどうすればいいのか、とても勉強になってる気がする。

:例えば、oursも場づくりとしてとても面白いなと思った。地域の交流施設なのにオシャレなカフェっていうのが新しい。自分も将来にまちづくりやコミュニケーションづくりに関わりたいなと思うんだけど、とても勉強になることばかりだな。

:そうだね。バウムに身を投じてみて自分の知らない世界を見ることができてる気がする。
他の学生にももっと面白いものがあることを知ってほしいね!

:とにかく1からなにかつくりたい!って人にはオススメだよね。
バウムにきてやりたいことを再確認できたからインターンきてほしい!

:早く扇完成させたいな〜。

 

応募はこちら

IMG_2733
(おまけ)


Posted – 3月 11th, 2016
under バウムな毎日
 
– go to post



manneye3


いつもの見慣れた東京の街も、いつもと違うGUIDEが一緒なら新しい発見がある。




s_IMG_2300

s_IMG_2324

s_IMG_2321
CITY GIRLは小さな変化を見逃さない。
駅のラックにドロップされた新作はくまなくチェックする。
最近気になるのはインバウンド向けのフリーガイドペーパー。




s_IMG_2108
まずはコーヒーブレイク。
お気に入りはグァテマラのライトロースト。




s_IMG_2066

s_IMG_2025
雨宿りしてたらいつもの仲間と遭遇。




s_IMG_2124

s_IMG_2139
小腹が減ったらまつむらに行くのが間違いない。
店主の双子のおじいちゃん2人に会えたらラッキー。




s_IMG_2148

s_IMG_2204

s_IMG_2267
食いしん坊のマネケンちゃんにとって食べ歩きは最もヒップなアクティビティ。
街角のたい焼き屋さんはマストでチェック。




s_IMG_2274

s_IMG_2014

s_IMG_2019

ポケットにジャストフィットなGUIDEはすっかり街歩きのお供。
GUIDEとの冒険はまだまだ始まったばかり。



model:Manneken
guide:TOKYO GUIDE


Posted – 2月 29th, 2016
under バウムな毎日
 
– go to post

こんにちは!

先日、NPO法人グリーンズが主催する、アイデアとアイデアをつなげる飲み会
「green drinks Tokyo」が開催されました!
今回のテーマは、「まちとつながる場づくり」。

会場は、CAFE & HALL ours
oursは、大崎パークシティに新しい集いをつくる街のお茶の間として建てられ、
cafe としてだけでなく、hall としてさまざまな会合やイベントに
使っていただける場となっています。
「場づくり」について話すにはぴったりの場所ですね。

IMG_1514

今回のイベントでは、WATの石渡さん、
青葉台とCOMMUNE246のシェアスペース「みどり荘」を手掛ける小柴美保さん、
そしてバウムからは宇田川さんがゲストとして、「まちと場」にまつわる
トークがおこなわれました。
IMG_1564
一見、「場づくり」に、一体どんな関係があるの!?と疑問に思ってしまうような、
脳科学、ドーパミンの話から、
ゲストの方々が日頃考えている「場づくり」についてなど・・・
とっても興味深いお話をお聞きすることができました!

トークのあとは、参加者同士の懇親会。
IMG_1485

IMG_1432

IMG_1530
おいしいごはんとお酒を手に、みなさんおしゃべりに花が咲いていました!

にぎやかだけれど、真剣な意見交換もおこなわれていて、
良い「場」だな、と感じることができました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました!
IMG_1613